先日ネオパークオキナワへ行ってきました。
ずっと気になっていた「ネオパークオキナワ」



ネオパークオキナワの特徴は?


ネオパークオキナワの特徴は、「フレンドリーな動物園」という感じです。
ネオパークオキナワは、ゾウやキリンといった大きい動物は少な目なのですが、イヌやトリ、ウサギ、カメに直接触れあるのことができ、子供達にはとてもうれしい☆

ネオパークオキナワは、 「変ったトリ」が多いな~という印象です。
「トリの数も多い」と感じました。

ネオパークオキナワの園内を、本物(ミニチュアですが)の蒸気機関車が走っているのもすごく魅力的です!

蒸気機関車内に乗車している際は、社長さんからのアナウンスがありますが、そのアナウンスでは、沖縄にはもともと鉄道があったことや、そして、その鉄道が戦争で、破壊されたことも語られていました。

その破壊されてしまった鉄道を昔走っていた、蒸気機関車のミニチュアがネオパークオキナワ園内をゆっくりと走ってくれます。

蒸気機関車に乗車中は、池のお魚に餌をやることも出来たりと、ワクワクする場面が多いと感じました。
池には、大量のコイがいて、そのコイが群がる勢いがすごいです!









ネオパークオキナワ内にはリャマが放牧されている!


ネオパーク内には、リャマが放牧されているので、蒸気機関車に乗車中も、リャマに度々出会います。
リャマが好きな方には、うれしいですね(^^)




変わったトリが沢山いる!


名前は覚えきれなかったのですが、「トリ」の数、種類がとっても多いネオパークオキナワ。
正直なところ、「トリ専門動物園」という感じもしました。

というのが、散歩中も、鳥がフレンドリーなため、沢山近くに寄ってくるので、「トリ」が沢山いたことがとても印象に残ります。
子供はその鳥の群れに囲まれて面白い反面、「どうしたらよいのか!?」という迷いが脳裏に焼き付き、「ネオパークオキナワ=鳥」というイメージが強いようです。




まず、出口の扉を開けた時点で、この数の大きめのトリが寄ってきます。
子供たちは大抵一度リターンしてくるのですが、慣れてくると、その「トリに囲まれる感じ」が癖になるようです(笑)

普段たくさんの鳥たちに囲まれることがないので、小さい子供にとっては良く言えば、「新鮮」、角度を変えれば、「若干ショッキング」という感じです(笑)

鳥の餌を買うことができるので、入場してくる人間たちが、鳥の餌を持ってると分かっていて、たくさん近くに寄ってくるのです。

鳥の餌
↓↓



ネオパークオキナワにいた鳥の写真の数々













↑↑
ペリカン



↑↑
ペリカン



↑↑
ペリカン

ペリカンは個人的にヒット!
なんか好き(笑)

実際に見ると、ペリカンって、大きいんだな~と感じました。













ネオパークオキナワでなんか心に引っかかったトリ


なんか、私の心にヒットした鳥。
なんだか横目でいつも見ているのです。



拡大写真
↓↓

脚がきれい!
たまにこんな服着たモデルが、パリコレのランウェイにいますよね(笑)


ネオパークオキナワ内の美しいオレンジのトリ


とても鮮やかなオレンジをしていて、「The Blood Orange」という感じです。






その他のトリ






脚のみじかい白いトリ、そして、トサカのある黒いトリは南米で珍しいトリなのだそうです。


ネオパークオキナワのクジャク







クジャクの数も多いです。
近くに近寄ることもでき、接近して写真に撮ることもできました。

下から撮った写真は、きれいな尾が撮れました。
クジャクって本当に優雅なお色の鳥ですね(*´ω`*)


ネオパークオキナワはダチョウ多し!


ネオパークオキナワは、ダチョウの数も多いです。

ダチョウは、やはり大きいですね!
「迫力」があります。

ダチョウにも餌を与えることができるので、ダチョウが近くまで寄って来てくれます。
もちろん、柵はありますよ☆













スポンサードリンク



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1726216436117738"
data-ad-slot="6838319809"
data-ad-format="auto">





ネオパークオキナワで淡水魚も見れる!


動物園と聞いていたので、まさか淡水魚までいるとは思いませんでした。

淡水魚は大きいものもいて、淡水魚が好きな人にはうれしいです。










ネオパークにいる珍しいイノシシ


ネオパークには、珍しいイノシシが!

「パッと見た目」はイノシシだけれど、近寄って見ると、小さめで、目も穏やか。
「凄くカワイイ!」ので、思わず何枚も写真に収めました☆

↓↓







可愛いですよね(*´ω`*)


ネオパーク内にはたくさんの木々が!


ネオパークには、亜熱帯の木々や、バオバブの木も所々見ることができます。








ネオパークオキナワ内の小動物のふれあい場



ウェルカムボードにいたのは本物のハムスター!
可愛いし触れます(*´ω`*)



小さなカメを触ったり。。



イヌと触れ合ったり。。





カメと触れ合ったり。。

など、動物たちと実際に触れあえるのは子供達にもいい思い出になるようです。


ネオパークオキナワ内の踏切も新鮮


ネオパークオキナワ内には蒸気機関車が走っているんので、ネオパークオキナワ内には踏切があります。
踏切があると、なんだか、ネオパークが街(村?)の様に思えてきたのがすごいところです(笑)




ネオパークオキナワ内に、またリャマに遭遇!


ネオパークオキナワ内に、リャマいたるところに出没しています!




りゃまの出現率高し!!


ネオパークオキナワはおすすめ?


ネオパークオキナワは、私個人的には、すごくおすすめのスポットです!
特に小さなお子様がいらっしゃる方には、いいところだと思いました。

私の子供達も、「また行ってみたい!」と言っていたので、再度ネオパークオキナワに行ってみる予定です。

全体的に、「南米」「オーストラリア」「アフリカ」の動物が多かったです。
園内の植物も素敵で、ちょっと一味違った動物園という印象を私は持ちました(^^)



☆ネオパークオキナワの情報☆


<開園時間>
 午前9時 ~ 午後5時30分 ※ただし入園は午後5時まで

<休園日>
 年中無休 
 
<入園料>
  大人  660円
  中人  330円※中高生
  小人  220円※4才~小学生
 
 ※団体割引15名様以上 10%割引(入園のみ適用。鉄道は該当しません。)
 上記の価格は消費税込みとなっております。
 
 <軽便鉄道>
 大人  660円 ※中学生以上
 小人  440円※3才~小学生
 
<ふれあい広場>
 300円  ※4才以上一律
 
<国際種保存>
 研究センター
 300円  ※4才以上一律
 
 <交通案内>
 那覇空港より車・バスにて約1時間30分